2016年6月21日 五月晴れ

梅雨の合間の青空が広がったこの日、田植えの済んだ水田にぽっかりと白い雲が映り込みました。

タイトルに使った「五月(さつき)晴れ」という言葉。

今では5月の清々しい天気の日に使われることも多くなりましたが、

「五月晴れ」の五月は陰暦5月のことであり今の暦では6月のこととなります。

すなわち「五月晴れ」は本来、梅雨の合間の晴れの日のことをさす言葉です。

同じような言葉に松尾芭蕉の句で有名な「五月雨(さみだれ)」があります。

お察しの通り「五月雨」は今の6月に降る雨、つまり梅雨のことをあらわす言葉です。